アパート経営を始めると思っていたよりも違っていたと感じる事が多いです。
では、具体的にアパート経営を始めるとどういう点で思っていたのとは違うと感じるかというとそれは始める前はアパート経営をやるとかなり安定して儲かるという話を聞いていたのですが、いざアパート経営を始めるとそういう事でもないに気づいたからでした。

確かにアパート経営の勧誘があった時にノーリスクであるとは言われてなかったので、約束が違っていたとは言えないので本当にアパート経営を始めようと思った時はどういうリスクがあるか分かった上で始めないといけなかったと思っています。

でも、今となってはどうしようもないのでただ悩むしかない日々を送っています。
では、実際にどういう事で悩む日々かというとアパート経営を始めるとほぼ必ず悩まされるのが思ったように入居者が入ってくれないというのがあります。

そういう事がアパート経営をしているとあるせいで思ったように儲からないのでアパート経営が上手くいかないと感じて悩んでいます。

アパート経営は部屋数を持っていないと結局は費用倒れになってしまいます。
満室になっているとは限りませんので、空き部屋のことを考えると、最低でも20部屋くらいは持っていないとメンテナンスや税金を考えるとアパート経営で生計を立てるのは難しいと思います。アパート経営は、利回りの良い投資物件選びが重要になります。

私の母は5部屋のアパートを経営していますが、現在は2部屋が空室です。
管理会社に管理委託しているわけではないので、何かトラブルがあった場合はすべて大家である母が対応しなければなりません。

また、部屋の設備は経年劣化に伴い、順次入れ替えをする必要があります。
エアコンを1台入れ替えるだけで諸経費合わせると15万円くらいかかります。
これはアパートの賃料の3か月分程度に相当します。
空室がある場合は急に備品に不具合があったときなどの出費が経営に打撃を与えます。

 

日々、トラブルの対応に追われることと、維持管理費用を考えると、小さいアパートを経営することは費用対効果が良いとはとても言えないと母を見ながら思っています。

PR|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|心の童話|マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|GetMoney|JALカード|サプリメント|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|オーディオ|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|