不動産屋が実際に選ぶマイホーム

私は、某不動産屋さんでアルバイトをしていました。マンションや戸建てを見る機会が多かったのですが、やはり、いいなと思う物件は、買い手がすぐについてしまうそうです。また、不動産屋の従業員が自分のマイホームに購入し、新築であれば、将来収益物件として貸し出すつもりなのだそうです。

 

中古であれば、内装をリフォームして購入しているようです。新築、中古問わず、彼らが一番重視しているのは、場所、土地などの立地条件のようです。内装がお洒落だからとかの理由では選んでいません。例え、事故物件だとしても、立地条件さえよければ、のちに買い手がつくのか現実のようです。

 

良い立地条件とは、スーパーや駅、バス停などが近い事、車の出入りがしやすい事、周辺道路、バルコニーの向きなどがあげられます。また嫌われる物件は、道幅が狭く出にくい、大道路に面していて渋滞する、片側しか進めないなど車事情、交通機関の有無、コンビニの有無、バルコニーが北側を向いているなどがあげられます。

 

海が良く見えるマンションなどは、たいがい北向きが多いのだとか。結構高級な物件も内装が湿気だらけだったりしますし、暗い部屋もかなりあります。良い土地、マンションを手にすれば、一生の財産になるようです。

宅配ボックスがあるマンション重視

ネットショッピングは普段からよく利用しているので、宅配時間を設定するのが、とてもストレスに感じていました。仕事が忙しいため、なかなか宅配時間内に帰宅するのが難しく、再配達になるとその時間帯は自宅にいないといけないので、けっこうストレスになるため、マンション購入する際には、宅配ボックスがあるところを重視することにしました。

 

宅配ボックスを利用できると、時間帯に関係なくネットショッピングを楽しめるので、色々と活動範囲が広がり、楽しくなります。ストレスをなるべく軽減したいですし、マンションは住んでリラックスできる環境がよいので、色々と考慮したうえでジックリと関西エリアでの投資マンション選びも兼ねて住まい探しを行うことにしました。

 

マンションは管理システムもきちんとしているし、定期的に掃除もされるので、サービスが充実しているのは満足です。環境が整っているのでマンションのよさを感じていますし、宅配ボックスが設置されていることでストレス軽減できました。