土地選びで注意するべきポイント

投資マンション等の家を購入する時、ついついマンション自体の建物の雰囲気や部屋の内装等ばかり目が行ってしまいがちです。確かに実際に住む場所なので、建物自体に注目する事も大切です。しかし同様に注意しなければならないのは、そのマンション等の家が建つ土地です。

 

近年地震が頻発するようになりました。東日本大震災では都心でも埋め立て地等の液状化が起こり、タワーマンションや戸建て住宅の密集地でも家自体が傾いてしまったりする被害が出ました。液状化が起こった場所は多くありますが、共通している事がそのどの場所も昔は海や川、沼であったと言う事です。

 

この事を踏まえ、マンション購入を考えていた友人は古地図を参考にして徹底的に土地選びを行い、通勤に時間がかかってしまうものの、地盤がしっかりとしている東京郊外に建つマンションを購入しました。

 

友人を見て、マンションや家の購入を考えた時に土地選びもしっかり行う必要があると感じました。これからマンションや家を購入する予定がある方には、是非その土地が昔どんな場所だったのかを知って欲しいと思っています。